WSCS 2021
UNITE
TOKYO

スポーツ×クリエイティブのオンラインセッション World Sports Creativity Sessions Presented By TOKYO SKYTREE

主催:World Sports Creativity Sessions 実行委員会

共催:国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)

協力:
(公財) 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会
(公財) 日本オリンピック委員会
(公財) 日本障がい者スポーツ協会日本パラリンピック委員会

協賛:
Presenting Partner
東武タワースカイツリー株式会社
Supporting Partner
日本電気株式会社(NEC)/日清食品ホールディングス株式会社
日本航空株式会社/ヤフー株式会社

Watch

ABOUT

「WORLD SPORTS CREATIVITY SESSIONS」は東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向け、「UNITE」をテーマに掲げ、
オリンピック・パラリンピックを含むあらゆるスポーツと人の創造性(クリエイティビティ)が融合することによって生まれる新しい価値について議論し、発信することを目指して設立された国際カンファレンス・イベントです。

コロナ禍による東京2020大会の延期を受けて昨年5月に開催予定であったリアルイベントは中止となりましたが、今だからこそニューノーマル時代における「スポーツとクリエイティビティの融合による明るい未来の可能性」を示したいという思いから、今回オンライン番組という形式での開催を決定いたしました。

スポーツと、デザイン・アート・建築・テクノロジー・ビジネスなど幅広い意味でのクリエイティビティの双方を代表するトッププレーヤーたちが集い、語り合い、両者が交わることで生まれる新しい価値と、それが世界をもっと一つにすることの可能性をここから発信します。

SPEAKERS

すべての登壇者を見る

IOC委員/世界陸連会長

Topic: Opening Session

IOC委員 オリンピック金メダリスト(陸上1500m モスクワ1980 ロサンゼルス1984) ロンドン オリンピック・パラリンピック組織委員会会長を経て 現在、世界陸連会長

IPC (国際パラリンピック委員会)

Topic: Opening Session

チーフブランド&コミュニケーション オフィサー 2010年よりIPCに所属。 IPCの公式スポークスパーソンとして広報領域を中心に多岐な業務を担当。

スポーツ庁長官

Topic: Opening Session

オリンピック 陸上・ハンマー投げで、金メダル(アテネ2004)、銅メダル(ロンドン2012)獲得。東京2020組織委員会にてスポーツ局長を務めたのち、2020年10月より第2代スポーツ庁長官に就任

元陸上選手/一般社団法人アスリートソサエティ代表理事

Topic: Giving Back

スプリント種目の世界大会で日本人として初のメダル獲得者。男子400メートルハードルの日本記録保持者。現在は人間理解のためのプラットフォーム為末大学研究員、アジアのアスリートを育成・支援するアスリートソサエティの代表理事を務める。

一般社団法人スポーツを止めるな共同代表

Topic: Giving Back

元ラグビー日本代表主将。スポーツの普及、教育、食、健康に重点をおいた様々なプロジェクトに取り組んでおり、一般社団法人スポーツを止めるな共同代表理事、株式会社HiRAKUの代表取締役も務める。

女子サッカーアメリカ代表

Topic: Giving Back

2度のオリンピック金メダリスト(2008年、2012年)2度のワールドカップチャンピオン(2015年、2019年)に輝き、サッカーで最も権威のある最高の賞であるFIFAワールドプレーヤーオブザイヤーにも2015年と2016年の2度、選出されている。

元陸上選手・現陸上コーチ

Topic: Giving Back

オリンピックに4度出場し、9つの金メダルを獲得。引退後は「カールルイス財団」を設立。多くの慈善団体を支援し続けている。食糧農業機関の国連大使としても活動。陸上競技の指導者としても活躍している

追手門学院大学社会学部社会学科准教授

Topic: Architecture

博士(スポーツ科学) Ph.D. 追手門学院大学社会学部スポーツ文化学専攻 准教授、株式会社スポーツファシリティ研究所 代表。主な研究テーマとして「スポーツ消費者行動とスタジアム観客席の構造」など。

株式会社ファイターズ スポーツ&エンターテイメント 取締役 事業統轄本部長

Topic: Architecture

2023年開業を目指し、北海道日本ハムファイターズの新球場「エスコンフィールドHOKKAIDO」を含む「北海道ボールパークFビレッジ」プロジェクトを推進。

Perron-Roettinger代表/エクスペリエンスデザイナー

Topic: Architecture

レディ・ガガやリアーナなどトップアーティストのステージ演出やアルバムデザインを手掛ける。デザイナー、アーティスト、建築家のコミュニティを背景に、感情の動かし方・文化のつくり方を熟知。

コミュニケーション・ディレクター

Topic: Fan Engagement

1961年生まれ。2011年に電通を独立し、2018年にファンベースカンパニーを創業。著書に「ファンベース」「ファンベースなひとたち」「明日の広告」などがある。

ファナティクス 東アジア マネジングディレクター

Topic: Fan Engagement

三菱商事、WBC広報、マッキンゼーを経て、ファナティクス日本支社を設立。楽天ジャパンオープンのファンエンゲージメントディレクターを務めるなどスポーツ横断的に「ファン」ビジネスに関わる。 2019年Leaders Sports Award U40を日本人として初めて受賞

The Players' Tribune設立者

Topic: Fan Engagement

元ニューヨーク・ヤンキース主将、米国野球殿堂入り、現マイアミ・マーリンズCEO。 慈善活動やファンと選手を繋げるコンテンツ作りを積極的に推進。

日本オリンピック委員会 オリンピック・ムーブメント専門部会員

Topic: Art

筑波大学体育系教授。古代~近現代のオリンピックに関する研究に従事。オリンピック・ムーブメント発信拠点である、日本オリンピックミュージアムの監修に関わる。東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会参与。

美術家

Topic: Art

幼少時より建築を学び、2001年9月11日より「繋げる事」をテーマに紋様の制作を始め、美術、建築、デザインの境界領域で活動を続ける。主な作品に、東京2020オリンピック・パラリンピックエンブレム、PPP TOKOLO PATTERN MAGNETなどがある。

株式会社ヘラルボニー 代表取締役・CEO 

Topic: Art

自閉症の兄が記した謎の言葉「ヘラルボニー」を社名に、福祉領域の拡張を目的とした事業を複数展開。アートライフブランド「HERALBONY」、建設現場の仮囲いを美術館と捉え直す「全日本仮囲いアートミュージアム」などを手掛ける。

アーティスト

Topic: Art

フューチャーポップに対する学際的なアプローチとポストヒューマンなエッジを備えたパフォーマンスアートで知られる、バイオニック・ポップアーティスト。ロンドン・パラリンピック閉会式での、パフォーマンスで注目を集める。

早稲田大学大学院  経営管理研究科 (ビジネススクール) 教授

Topic: Business

三菱総合研究所での勤務を経て、米ピッツバーグ大学経営大学院で博士号を取得。米ニューヨーク州立大学バッファロー校ビジネススクール助教授も務め、著書に「世界標準の経営理論」ダイヤモンド社、他ベストセラー多数。

共創型戦略デザインファームBIOTOPE代表

Topic: Business

P&G、ソニーを経て現職。多数の企業・組織のイノベーション支援を行う。著書に『ひとりの妄想で未来は変わる VISION DRIVEN INNOVATION』等。多摩美術大学特任准教授も務める。

AuB株式会社 代表取締役

Topic: Business

サッカー元日本代表。2015年に引退するまでJリーグ浦和レッズで活躍。 現在は自ら起業したAuB株式会社で、アスリートの腸内環境の解析を手掛ける。

日本フェンシング協会会長

Topic: Technology

日本代表として多くの国際大会に出場し、北京オリンピックでは日本フェンシング史上初となる銀メダルを獲得。2012年のロンドンオリンピックにおいても、フルーレ団体で銀メダルを獲得した。引退後は、日本フェンシング協会会長を務める。

TEAMマーケティング アジア・パシフィック地域営業統括責任者

Topic: Technology

世界最高峰UEFAチャンピオンズリーグで働く初のアジア人。欧州サッカー協会専属マーケティング代理店「TEAMマーケティング」の放映権&スポンサーシップ営業 アジア・パシフィック地域統括責任者。

慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科教授

Topic: Technology

大学院修了後、現在のJAXAに入社。ロケット研究開発と打上げ、NASAとの連携などに従事。2009年に慶應義塾大学。日本代表から地域スポーツに至るスポーツテックでの価値創造に従事。政府のスポーツ、宇宙戦略に関する委員。

VRメディア会社Within 創業者/CEO

Topic: Technology

VRメディア会社としてインタラクティブなテクノロジーとアートの可能性を常に押し広げている。カンヌライオンズのグランプリ、D&AD ブラックペンシル、Grand Clio、SXSWの "Best of Show“などに加え、グラミー賞へも複数回ノミネートされるなど、業界でもトップの賞を獲得し続けている。

世界ゆるスポーツ協会代表

Topic: Inclusion

これまで90以上の新しいスポーツを発明し、20万人が体験。 エストニア、シンガポールなど海外にも進出。

フェンシング元女子日本代表、トランスジェンダー

Topic: Inclusion

フェンシング元女子日本代表、トランスジェンダー。 NPO法人東京レインボープライド共同代表理事。 日本初となる渋谷区・同性パートナーシップ条例制定にも関わる。 現在は父として子育てにも奮闘中。

射撃パラリンピアン

Topic: Inclusion

客船「飛鳥」にパーサーとして乗務していたが、25歳の時脊髄の血管の病気を発症し、車椅子生活になる。退院後、射撃を始め、3大会連続でパラリンピックに出場。現在は日本郵船(株)に勤務。

IOC難民アスリート奨学生・空手

Topic: Inclusion

7歳で母国アフガニスタンから避難し難民に。若くしてイラン、インドネシア、オーストラリアへと渡った。過酷な時期に支えとなった武道への強い情熱を持ち、現在はオーストラリアにある空手チームに所属。武道を後世に伝えるべく、指導者としても活動している。

NewsPicks NewSchool校長NewsPicks Studios 取締役(非常勤)

Topic: Closing Session

東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会ゲームズ・デリバリー・オフィサー

Topic: Closing Session

東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会GDO・スポーツ局長スイス生まれ。東大法学部卒後、大蔵省(現・財務省)に入省。ハーバード大ケネディスクール留学後、在米日本大使館、フランスのOECDで勤務。18年より現職

プロサーファー

Topic: Closing Session

アメリカ・カリフォルニア州のプロサーファー。2019年WSLチャンピオンシップ・ツアーで予選を通過し、東京2020オリンピック競技大会のアメリカ代表に内定している。

プロスノーボーダー

Topic: Closing Session

これまでオリンピックで3つの金メダルを獲得。競技以外にも、過去にはBloomberg Business Weekの最も影響力・市場価値のあるアスリート100人の第2位に選出され、さらには人気TV番組にも出演するなど、多方面で活躍する。

冒険家/写真家

Topic: Art

冒険家、写真家、クリエイティブディレクターに加え、講演者、作家としても活動。1年を通して常に旅を続け、その経験から、フォーチュン誌でのグローバルキャンペーンや、TED talksでの講演、製品ラインの設計など活動の幅を広げている。

SCHEDULE

Partners

プレゼンティングパートナー

サポーティングパートナー